[Objective-C] 今さらですが、ARC超入門 (2)

前回の「今さらですが、ARC超入門 」(1) に引き続きiOSアプリ開発のネタです。

今後どういった形でコーディングしていくのかというルールを決めてみました。

hファイル

hファイルについてです。

(1)プロパティとpublicなメソッドのみ記載し、{}は使わないようにします。

(2)ARCがない頃は、@propertyの部分にassign/retain/copyパラメータを指定することで、メモリ管理の仕方をコンパイラに指示していました。ARCでは、weakとstrongパラメータを指定し、コンパイラに指示します。

(3)publicなメソッドはここに書きます。

mファイル

mファイルについてです。

(4)
@imprementation にインスタンス変数を書けるようになったので、外部との連携を必要としないインスタンス変数は@implementation部に記述します。

(5)セッター・ゲッターは@synthesizeで実装します。
インスタンス変数名は、プロパティ名の前にアンダースコアをつけたものにします。

参考ページ
Xcode ARC時代のマイルール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA